世界最軽量デジタル一眼レフカメラ、Canon EOS Kiss X10 レビュー


今まで5年ほど NikonのD3300 を愛用してきた私。
今回、ちょっと違うカメラも使ってみたいなぁと欲が出てきてしまい…自分の誕生日ということもあり(言い訳) Canon EOS Kiss X10 (EOS D200 II) を購入しました!

写真を撮るのは大好きなのですが、専門用語(アルファベットと数字の組み合わせ…)が多くてなかなか覚えられず初心者の域から出られないままの私ですが、ここが良かった!などの簡単なレビューをしていきたいと思いますので、カメラ初心者の方も安心して読んでみてください!

そして私が実際に撮った写真を載せていきたいと思います。


オーストラリア名称は EOS D200 II

カメラだけではなく車などもそうなのですが、海外では日本の名称と違うことが多いです。

日本での名称 EOS Kiss X10
北米での名称 EOS REBEL SL3
アジアやオセアニアでの名称 EOS 200D II

と地域によって名称が変わってきます。

海外では名称が違うのでカメラ本体に「Kiss」のロゴマークはありませんでした。
その部分以外は全く一緒です。

発売日は2019年の4月だそうで、売られていた中で一番新しいモデルです。
Canonのkissシリーズは有名ですし、ファミリー向けで人気がありますよね。

性能の進化

  • タッチスクリーン
  • 可動式の液晶画面
  • 高速AF(オートフォーカス)
  • 顔認証の追尾
  • Wi-Fi、Bluetoothでパソコン、携帯に写真を送れる
  • 有効画素数 約2410万画素
  • 4K動画
  • 5年ほどNikon D3300を使用していたので、久しぶりに新しいカメラを触ってみて性能の変化に驚きました。特に、お店で触らせていただいたときにピントの合うスピードが速くてビックリ(笑)

    それに撮影場所やシーンに合わせてモードが選べるので、初心者の方でも簡単な操作で奇麗な写真が撮れますよ。


    子どもの撮影にピッタリ

    顔+追尾優先AF という機能があります。

    これは、被写体の瞳にフォーカスを合わせてピントを合わせたまま追いかけてくれるもので、動き回る子どもたちや、スポーツのシーンにピッタリな機能です。

    私も子どもや動物などの動きが早い被写体を撮ることが多いので良い機能だなと思いました。


    実際に撮影してみた

    何もいじらずオートで撮影。家の中の暗い所でも明るく撮れた(我が家のネズミちゃん)
    外での撮影はさらに奇麗




    まとめ

    世界最軽量の一眼レフカメラとのことですが、ミラーレスではソニーから新発売されたα7Cが世界最軽量(2020年10月現在)らしいです。

    昔に比べると、どんどん軽量化されてコンパクトになっているので、お出かけの際に手軽に持ち運ぶことができるのは嬉しいですよね。


    ということで、今回私が購入したCanon EOS Kiss X10 (EOS 200D II) は初心者の方に優しく、使いやすい一眼レフカメラでした。
    私もこれからたくさん使おうと思います◎


    このEOS KISS X10とは関係はないのですが、ガジェット系のレビューはYoutuberの瀬戸弘司さんの動画が凄くわかりやすく面白いので大好きです^^

    参考ウェブサイト Canon Camera Museum

    \ SHARE /

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です