【オーストラリア】子どもは歯医者が無料!?補助をうまく活用しよう!

日本とは違い、歯医者代が高いオーストラリア。
歯医者に通うためにプライベートの保険に入る方も多いほど。

ただ、子どもの場合は政府からの補助制度があり
無料で歯科検診を受けることができるのはご存知でしたか!?
今回はそのデンタル・ベネフィット(歯科補助)について調べてみました!


補助の対象

Child Dental Benefits Scheduleという補助なのですが、略してCDBSと言われることや表記されていることもあります。
歯医者の予約をする際に、補助を使用したいということは伝えておきましょう。

以下が補助を受ける条件となります。

    • 2歳~17歳まで
    • 永住者
    • メディケア・カードを持っている

17歳まで補助があるのは嬉しいポイント。
最近では日本でも、歯並びやホワイトニングなどのケアをきちんとしている方が多いと思います。
普段からのケアや虫歯の予防として、子どもの頃からきちんと歯医者には通っておきたいものですから、補助により負担が減ると思うと、歯医者にも通いやすくなりますね。


補助の内容と期間

・最初の検診から2年間毎に、1000ドルの補助

<補助の対象となる治療は以下の通り>

  • チェックアップ
  • クリーニング
  • レントゲン
  • シーラント
  • フィリング
  • ルートカナル(根管治療)
  • 抜歯

2年毎に1000ドルの補助が受けられるのはとても助かりますよね。
大人になってからの歯の矯正や治療などには高額な歯科代がかかりますので、子どもの頃からの口腔ケアはとっても重要ですし、習慣付けておくことも大切ですね。

補助内容に関して詳しくはオーストラリア政府のウェブサイトを参照してください。
Child Dental Benefits Schedule


実際に行ってみた

8歳になる子どもの八重歯が、乳歯にかぶさるように生えてきたので、将来的に歯並びに影響が出ないか心配になり、先日、歯医者さんへ行ってきました。

チェックをして、ついでに歯のクリーニングをしていただき、150ドル。
補助があったので、支払いはなく終わりました。

初めての歯医者で、しくしく泣いていた娘ですが
クリーニングで奇麗になった歯を見て喜んでいました(笑)

歯医者さんに行くことによって普段の歯磨きもより意欲的になってくれた気がするので、行って良かったと思っています。
口腔ケアは小さな頃から習慣付けていきたいですね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



\ SHARE /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です