TASCAM DR-05XでASMRに挑戦!

ASMRができるようなボイス・レコーダーが欲しいと思い立ち
TASCAM DR-05X を購入してきました!

なぜ購入したのか、どのような使用用途があるのか
レビューも交えて紹介していきたいと思います。

DR-05X

質量 116g
単三電池2個使用で、15時間~17時間持続。
販売価格 180ドル~230ドル(オーストラリア)
※microSDカードは別売りです

iphone8と同じくらいの大きさです。(携帯の画面が汚いのはご了承ください。笑)

TASCAMのウェブサイトには周波数などの詳しいスペックが乗っているのでそちらを参考にしてください。
ウェブサイトはこちら→ TASCAM DR-05X


コンパクトでシンプル

micro SDカード入れとUSB差し込み口

とてもコンパクトでシンプルな見た目。
質量が116gということでとっても軽いです。

自宅などで録音する場合は、カメラの三脚に固定することも可能。


使い方も簡単

初期設定は、電源を付けて日本語か英語かの選択、日付の設定を行うのみ。
コードがあれば一眼レフのカメラに接続することができるので、撮影をしながらレコーダーでの音声を録音することができます。


ボイス・レコーダーの用途

興味のない方はボイス・レコーダーって何に使うの?と疑問に思う方も多いかと思います。

私はASMRのような音を撮ってみたいという興味から購入しました。
実際にYOUTUBEのASMRに特化したチャンネルでは、TASCAMのボイスレコーダーが使われていたりします。

または学校や職場など、覚えなくてはいけない場面でレコーディングすることで、後々に聞いて覚え直すこともできます。記者やジャーナリストも、取材の際に使用しているようですね。

あとは、英語や他言語の練習をする際に、自分の発音を録音して聞くことで練習になりますよね。
私も実際に英語の学校に通っていた時にテストで先生との会話を録音したことがあります。その時は携帯で録音したのですが、音声が聞きにくかったので文字起こしに苦労した経験があります。
ボイス・レコーダーだとはっきり聞こえるので語学の練習にもピッタリかなと思います。


ASMRとは?

ASMRとはAutonomous Sensory Meridian Response の略。
聴覚への刺激によって癒し効果が得られるものとしてYOUTUBEの動画コンテンツとしても人気があります。

睡眠導入の補助やストレスの軽減になると言われていますが、人それぞれ心地良いなと感じる音や声は異なりますよね。普段気にかけていなかったものでも、なんだか心地良いな、勉強が捗るな、など気にかけてみると面白いかもしれません。

実際にDR-05Xを使用して録音してみました。

私のYOUTUBEチャンネルでもニワトリで練習してみました。

いかがでしょうか。
イヤフォンで聞くことで、鮮明な音を近くに感じることができますよね。

ぜひ自分の心地いいと感じる音を探してみてはいかがでしょうか?

この記事が参考になれば嬉しく思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

\ SHARE /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です